酵素・お肌・関係

酵素とお肌の関係について

酵素はお肌にも深く関係しています。

 

例えば女性にとってお肌の大敵が、「紫外線」です。

 

紫外線は通常、山や海に行かずとも、日常生活でも知らず知らずに浴びています。

 

(特に曇りの日は要注意です。晴れの日以上に紫外線の量が多いと言われています。)

 

そしてこの紫外線を浴びる事によって、皮膚の内部では皮膚の老化を促す(活性酸素)が増加し始めます。

 

そこで私たちの体の防衛反応の一つとしてこの活性酸素から皮膚を守る為に、メラニン色素ができます。

 

結果、活性酸素とメラニン色素が結びついてシミができる訳なのです。

 

さらに紫外線による活性酸素は、皮膚の水分量や弾力性を保つコラーゲンを破壊する

 

ヒドロキシラジカル」と言う物質を作り出しシワの原因にもなります。

 

いかに活性酸素がお肌に有害なものであるか?
以上のような点からもおわかりになられたかと思います。

 

実はこの活性酸素を無害なものにする「抗酸化物質」にも酵素が関係をしています。

 

代表的なものとしては、代謝酵素の種類の中で

 

カタラーゼ、グルタチオン、スーパーオキシドディスムターゼ

 

などがあげられます。

 

これらの代謝酵素が日々、お肌の中で発生をする活性酸素と戦い続けている訳なのです。

 

さらに年齢とともにシミやシワが多くなってくる原因は、
代謝酵素の量が若い時に比べて減ってくるからです。