酵素・特長

酵素は20歳をピークになくなり始める?その特長とは?

酵素とは?

 

酵素は食べ物の消化・吸収を助けたり、ホルモンや新陳代謝の合成・分解を助ける働きがある物質です。

 

よって人間が生きていく上で必要不可欠な物質といえます。

 

そこで酵素の特長をまとめてみました。

 

体内酵素の量は一定

 

人間が一生のうちで体内で作り出される酵素(潜在酵素)の量は、決まっています。

 

(使いきれば終わり)=つまり死を意味します。

 

潜在酵素(限られた酵素)は20歳をピークに減少

 

20歳をピークに潜在酵素の量がじょじょに減り始めます。

 

そして、40歳を堺に急激に貼り始めます。

 

40歳はお肌や体の曲がり角といわれるゆえんもその為です。

 

酵素は熱に弱い

 

酵素はタンパク質の一種です。よって熱に弱く、加熱すると酵素でなくなってしまいます。

 

よって、食物から酵素を摂取する場合は「」で食べる事をおすすめ致します。

 

不摂生は酵素のムダ使い?

 

ストレスや飲酒、喫煙、スナック菓子などの加工食品を食べる事は、

 

体内の潜在酵素を大量消費の原因にもなり、ひいては、体調不良の要因にもなります。

 

よって以上の点からもわかるように、潜在酵素のムダ使いを減らして、体内酵素を節約する為には、

 

酵素を含む生の食品を多くとり、加工食品を控えて、喫煙をやめ、飲酒を控える事がいかに重要か?

 

がよくわかります。