酵素・発酵・違い

酵素と発酵の違いについて

酵素は、生野菜やお魚に多く含まれている物質ですが、

 

この食材を微生物の活動によって分解させる事によって作り出されるものが発酵食品です。

 

例)味噌、しょうゆ、納豆、漬物、キムチ、チーズ、ヨーグルトなど

 

そして食材を発酵させる事によって、

 

うまみ成分を作り出す

 

栄養価を高める

 

栄養の吸収率を高める

 

保存性が増す

 

などの効果が高まります。

 

つまりこれらはすべて微生物によって生み出された産物なのです。

 

さらに発酵食品は、すでに微生物の力で消化を促されたモノなので、

 

食べると「消化にいい」という大きな特徴点があげられます。

 

つまり

 

「紹介にいい」=「消化酵素節約」

 

に繋がると言う大きなメリットがある訳なのです。

 

結論から言うと、

 

発酵・・・微生物の活動

 

酵素・・・微生物の活動の過程で作り出される物質

 

つまり発酵の過程で酵素が生まれる

 

という事になります。