酵素・種類・役割

酵素の種類と役割について

酵素の種類と役割について紹介致します。

 

酵素は、人間が生きていく上で必要不可欠な物質です。

 

よって、酵素が人間の体からすべてなくなった時が「人間の寿命」と言われる程です。

 

では、具体的な酵素にはどんな種類と役割があるのでしょうか?

 

みていきましょう!

 

▼消化酵素 食べ物の消化・吸収を助ける働きをする酵素

 

人間が口からとった食べ物を胃で消化して、腸でその栄養を吸収する働きを手助けしているのが酵素です。

 

酵素がなければ、食べたものが、栄養素として体内に取り込む事ができなくなります。

 

▼代謝酵素 ホルモンや新陳代謝を助ける働きをする酵素

 

人間の身体の生理的物質の合成や分解を助ける働きを酵素が担っています。

 

もっと具体的にのべると、自律神経のバランスをよくする働きがあります。

 

そしてこの自律神経のバランスが乱れると、睡眠障害やめまいや頭痛など様々な病気を併発します。

 

▼食物酵素 食べ物をおいしくする働きをする酵素

 

これはいわゆる食物酵素とよばれます。硬いお肉などを調理する時に、

 

キウイやバイナップルなどをすりおろしてお肉に漬け込んでおくと、

 

お肉を軟らかくしてくれる効果があります。

 

さらにお肉を食べた後に、デザートとしてキウイやバイナップルを一緒にとれば、

 

消化を促してくれて、胃もたれを防いでくれます。

 

どうでしょうか?酵素は、

 

人間の生命活動において、欠かせない存在である事が上記の役割をみる限り垣間見る事ができたと思います。

 

こういった意味からも酵素は、美容や健康やダイエットのカギを握っている物質なのです。